www.sgkssk.org

ここは為替取引のベーシックな内容とは何かについてのお話をします。為替取引を簡潔に言うと「直にキャッシュの送付をしなくても資金授受の行為を果たすもの」を指します。日常的に為替といえばたいてい外為の事を指す事が多いのです。国際為替というものはお互いの国のお金の取引を示します。他の国へ旅行(韓国、ベトナム、アメリカ)をしたことがあるならば、たぶん国際為替の体験をしたことがあると思います。銀行窓口に行って外国のマネーへと交換をするならば国際為替になると思います。為替相場というのは買いたいと思っている人と売る側の値を表示するものです。銀行と銀行の間でのやり取りによって決定されます。それはマーケットメイカーと俗にいう指定されたいくつもの銀行なのです。為替の相場は周囲の見えない力を受けつつもなお休まずいつでも変化します。為替相場を変動させて行く要因はファンダメンタルズというのがあります。ファンダメンタルズが示すのは経済状況、経済の基盤や様々な要素のことを指します。国のGDP成長率や景気状況、物価指数、無就業者数、重要人物の発言等の原因が関わって為替は変化するのです。特に国際収支と失業率は重要と言われます。外国取引の収支とは何かと言うと、日本の中では省庁(外務省)の命令で日本銀行が日本外国貿易統計を叩き台として書いた外国とのある期間の売買を書き記したものです。国際収支統計は行政機関や中央銀行のHPの中で知ることができます。雇用者の統計・失業者の数もチェックされるケースが多い理由と言われます。とりわけ米国就労者の統計は重要となります。毎月提示され調査範囲が幅の広いのがポイントです。為替の動きは各国の経済の変化そのものです。国の経済の状況を読むことにより為替レートの状況の把握が可能と結論付けられます。

Link

Copyright © 1996 www.sgkssk.org All Rights Reserved.